お役にTouchます!

Just another WordPress site

*

内定先への年賀状は出すべき?誰宛に出すの?宛名の書き方は?

   

内定が決まっている会社への
年賀状はどうすべきなのでしょうか。

出すべきか出さないべきか?
出すとしたら誰宛てに?など、
いろいろな疑問が湧いて不安になりますよね。

これから長らくお世話になるわけですから、
最初から失礼なことにならないように
気をつけたいところです。

内定先への年賀状についての疑問について
お答えします。

スポンサードリンク

内定先への年賀状は出すべき?

そもそも内定先に年賀状を出すものなのでしょうか。

これには両極端な意見があり、
一概に言うことはできません。

出すべきと言う意見は、
年賀状は昔からの日本の文化であり、
新年の挨拶を送るのは礼儀であるとする考え方で、
昔ながらの一般論でもあります。

逆に出さないべきと言う意見は、
最近の風潮である「虚礼廃止」、
ようは「形式的な誠意のない礼儀をやめる」ということで、
この考え方も今は多くなっています。

このようにキレイに分かれているわけですが、
ご自分の内定先の会社がどちらの考え方であるか
ご存じですか?

まだ内定をもらった段階では
詳しいことは分からない方が多いと思います。

わからないのであれば、
内定先に年賀状を出すことをオススメします。

ある大手企業の人事担当のお話を紹介すると、

「内定者から年賀状をいただくのは
少なくともマイナスではありません。
むしろプラス要素になり得るものであり、
来なかった人との差はやはりないとは言えません。」

社会人としては自分の名前を売ることも必要ですからね。

送ることがプラスになるか、
送らなかったらマイナスになるか。

このどちらかはあっても、
送ったことがマイナスになるということは
ほぼないと思います。

また、年賀状を出さないでいたところ、
逆に内定先から年賀状が届いて慌ててしまった、
という話も聞きます。

したがって、特に理由がない場合には
年賀状を出して入社前から積極的な姿勢を
アピールするのがオススメです。

もし仮に虚礼廃止をしている会社だったとしても、
内定者がそれを知らないで送ったところで
失礼にはなりませんから安心して出してくださいね。

スポンサードリンク

内定先への年賀状は誰宛に出すの?

年賀状を出す場合は誰宛てに出すのがいいのでしょうか。

社長?人事部?または総務部?
内定までにお世話になった方?

いろいろ思い浮かびますが、
誰宛てが正しいのか悩みますよね。

まず社長宛てはやめた方が無難と思います。
歓迎してくれるかもしれませんが、
失礼と受け取られることもありますので、
その見極めができない以上はやめておきましょう。

ご自分の内定に係る特定の方がいるのであれば、
その方宛てでいいと思います。

もちろん社長自身がそこに係わっていて、
面識もあるのであれば社長宛てでも問題ありません。

もし特定の方がいない、
または名前がわからないなどの場合は、
「人事部御中」や「採用ご担当者様」などが
いいでしょうね。

いずれにしろ、
受け取った相手があなたのことを誰かわからない
といったことにならないようにするようにしましょう。

内定先への年賀状の宛名の書き方は?

宛名の書き方のマナーをいくつか挙げてみます。

○縦書きが基本。
○住所などの数字は漢数字を使う。(横書きの場合は英数字)
○会社名や部署名は省略せずに書く。2行になってもOK。
○役職名は名刺などで確認して正しく書く。
○役職名のあとに、氏名+様と書く。
○氏名の漢字は略さずに書く。(旧字体も正確に)

役職名でよくある間違いは、
「○○社長様」や「○○部長様」などの書き方。

社長や部長といった役職自体が敬称ですから、
二重敬語の表現になるのでNGです。

正しくは、
「代表取締役社長 ○○様」などです。

上記のポイントに注意して書きましょう。

まとめ

内定先への年賀状は、
フレッシュマンらしく気持ちのいいものを
送りたいですよね。

今回は、

○内定先へ年賀状を出すべきか?
○誰宛てに出したらいいか?
○宛名の書き方は?

このポイントを書きましたが、
内定先への年賀状の内容をどうしようかと
悩んでしまう場合は、別の記事をご参照ください。

では、お読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

 - 年賀状