お役にTouchます!

Just another WordPress site

*

大掃除は重曹とクエン酸だけでOK!違いと使い分けは?混ぜると?

   

家中のいろんな場所の掃除をする大掃除。

重曹とクエン酸だけで家中ほとんどの場所を
キレイに掃除できることをご存じですか?

この2つを駆使して、
安心なナチュラル大掃除はいかがでしょう。

重曹とクエン酸での掃除についてご紹介します。

スポンサードリンク

大掃除は重曹とクエン酸だけで家中ピカピカ!

大掃除はキッチンやお風呂、トイレや床、窓など、
いろいろな場所、物を掃除しますよね。

市販のトイレ用や○○用といった洗剤では
いったいいくつ必要になるかわかりませんよね。

しかし、
重曹とクエン酸なら、2つだけで家中の掃除ができます!

重曹とクエン酸、
あなたはお使いになったことはありますか?

キッチンでお料理などのときに使われたり、
入浴剤などで使われている方もいらっしゃると思います。

そうなんです。
重曹もクエン酸も料理に使えたり入浴剤に使えたり、
掃除やその他にも使えてしまう実に用途の広いものなんですね。

料理や入浴剤に使えたりすることからも分かるように、
身体にもとっても安心なものであり、
赤ちゃんや小さなお子さんのいるご家庭でも安心して使用できます。

重曹とクエン酸のポイント

・家中のほとんどの汚れをこの2つだけで掃除できる。
・自然由来で食べられるほど安心に使える。
・とても安価で経済的である。

いいことだらけですよね!

今年の大掃除は重曹とクエン酸で
ナチュラル大掃除をしてみてはいかがでしょうか?

重曹とクエン酸の掃除での違いと使い分けは?

重曹とクエン酸はどう違うのでしょうか。
そして掃除のときにどう使い分ければいいのでしょう?

この2つの違いは、
重曹はアルカリ性、クエン酸は酸性であるということです。

汚れも同じようにアルカリ性と酸性に大別でき、
どちらも逆の作用で中和することによって分解できます。

したがって、
酸性の汚れには重曹、アルカリ性の汚れにはクエン酸
このように使い分けすることになります。

それぞれどんな汚れなのか見てみましょう。

スポンサードリンク

○酸性の汚れ
・油汚れ
・鍋などのコゲつき
・排水口のヌメリ
・生ごみの悪臭
・茶渋
・湯垢

○アルカリ性の汚れ
・水垢
・石鹸カス
・トイレの黄ばみ(尿石など)
・トイレの悪臭
・タバコのヤニ

このようにそれぞれ強い汚れが違うんですね。

一般のご家庭の汚れは、
人体の油脂分から来る汚れが多いですので、
重曹がとても効果的であるものが多いですね。

トイレ掃除や、
キッチンやお風呂や鏡などの水垢や石鹸カスの掃除には
クエン酸が非常に効果的です。

また重曹はクレンザーのように研磨する掃除にも使え、
しかも粒子が硬すぎないため傷つきもあまりありません。

重曹とクエン酸、
重曹の方が掃除に使える用途が広いですが、
クエン酸と使い分けることで家中の汚れを掃除できますよ。

重曹とクエン酸を混ぜる掃除も効果的!

重曹とクエン酸のそれぞれが得意とする汚れがありますが、
では合体させたらどうなるでしょうか。

結論から言うと、
重曹とクエン酸を混ぜると炭酸ができ上がり、
その炭酸の発泡が掃除にとても効果的なんです!

○炭酸が効果的な汚れ
・台所のシンクの三角コーナーのヌメリ
・お風呂の排水口
・洗面器やお風呂のイスなどのヌメリ
・便器の水アカ
・窓ガラスなどのホコリ汚れ

○炭酸掃除の仕方
1.水200mlにクエン酸を小さじ1~2杯混ぜてクエン酸水を作る。
2.退治したい汚れにまんべなく重曹を振りかける。
3.振りかけた重曹にクエン酸をかける。
4.炭酸が発生し汚れが落ちる。
5.水で洗い流す。

炭酸がシュワシュワするのを見るのも楽しいので、
ぜひお試しあれ!

まとめ

重曹もクエン酸も食べられるものですから、
身体にとても安心なものです。

ですから食べ物を扱うキッチンや、
お肌に直接触れる場所の多いお風呂やトイレなどの掃除には
うってつけですよね。

赤ちゃんや小さなお子さんのいらっしゃるご家庭には
特にオススメですよ。

この安全性の高いことから、
重曹やクエン酸などの自然由来のもので掃除することを
ナチュラルクリーニングとも言います。

窓やフローリングの床などにも重曹が使えますから、
家中をナチュラルクリーニングしちゃってくださいね^^

スポンサードリンク

 - 掃除方法 ,