お役にTouchます!

Just another WordPress site

*

初節句お祝いのお礼状の文例は?内祝のおすすめは?のしは?

   

初節句にはお祝いをいただいたら、
まずはお礼状をだすものですが、
どんな内容を書けばいいのでしょうか。

またお返しの内祝いはどんなものがいいのか、
のしはどう書けばいいのかなど、
わからないことがたくさんありますよね。

初節句のお祝いのお返しの仕方について
ご紹介します。

スポンサードリンク

初節句お祝いのお礼状の文例は?

初節句のお祝いをいただいたら
お祝いの席を設けてご招待するのが一般的ですが、
遠方で参加できない方などへは内祝いをお返しします。

その際は、
品物を送る前に先にお礼状を送るのがマナーです。

親族へのお礼状は堅苦しく考えずに、
お祝いをいただいたことへの感謝の気持ちが伝わるように、
素直にお礼を書くことが大切と思います。

仲人の方など目上の方へ書く場合は、
季語などを入れたある程度形式的な文章の方が
失礼がないでしょう。

気持ちを伝えるものですから、
印刷するのではなく手書きで書くのをオススメします。

例文1)

このたびは
心のこもったお祝いをいただきありがとうございました。

おかげさまで○○も風邪ひとつひかず元気に育っております。
この頃は表情も豊かになり、かわいい仕草もみせてくれます。

いただいたぬいぐるみは、
すっかり○○のお気に入りになりなかなか放しません。

新米のパパとママですが、
元気な子に育つように今後も子育てをがんばってまいります。
これからもご指導のほどよろしくお願いします。

皆様にもよろしくお伝えください。
まずはお礼まで

平成○年○月○日
○○○○・○○・○○(夫婦連名、子供の名前)

例文2)

拝啓 ○○の候、皆様にはお変わりなくお過ごしでしょうか。

この度は○○の初節句に際し、
過分なお心遣いを頂きまして誠にありがとうございました。

おかげさまで○○も日々元気に成長し、
無事に初節句を祝うことができました。

健康な子に育つように、今後も
夫婦共々子育てに励んでまいります。

これからもご指導のほどよろしくお願い申し上げます。

本日遅れ馳せながら感謝の気持ちといたしまして
ささやかな品を送らせて頂きました。
ご笑納頂ければ幸いと存じます。

末筆ながら、皆様のご多幸とご健康をお祈りしております。

敬具

平成○年○月○日
○○○○・○○・○○(夫婦連名、子供の名前)

初節句の内祝いのおすすめは?

内祝いは一般的に半返しが相場とされますが、
初節句の内祝いはいただいたものの金額によらず、
和菓子やお赤飯などをお返しするのが定番です。

しかし現在はそれにとらわれずに
ある程度自由に自分たちの感性で選ぶご家庭が
増えているようです。

スポンサードリンク

より実用的になってのことだと思いますが、
好きな物を選んで個性が出せる半面、
逆に何にしたらいいか悩むケースも多くなりました。

世間一般ではどんなものを贈っているのか?
楽天のランキングを調べてみました。

いろいろなものがランクインしてるかと思ったら、
圧倒的にカタログギフトとお米が多いです。

10位まででカタログギフトが5つ、お米が5つと
この2種類で独占していました。

当然ですがお米は普通のものではなくギフト用のものです。

カタログギフトが多いのは、
やはり相手に自分で選んでもらうのが現代風という
ことなのでしょうね。

その他ではドレッシングセットや
お祝い用の紅白のそうめんやうどんが人気
ですね。

また定番かもしれませんが、
赤ちゃんの写真や名前入りのものも人気があるようです。

名前入りのカタログギフトやお酒、
面白いものでは出生体重米といって、
赤ちゃんの出生体重の量のお米などもあります。

名前入りのものは祖父母などは喜んでくれると思いますが、
人によっては迷惑になってしまう場合もありそうです。

名前入りのお皿など残るものは避けて、
消耗品や食品などにした方がいいかもしれませんね。

上記のようなものを選ぶ方が多いようで、
金額的には2000円~20000円ほどの幅でした。

筆者としては
赤ちゃんの出生体重米がオススメです。

ただし伝統やしきたりを重んじる相手の方には、
いろいろと考えずに昔ながらの定番の和菓子などが
いいかもしれませんね。

初節句の内祝いののしは?

初節句の内祝いののしについてご紹介します。

・紅白蝶結びののし紙
・表書きは上段に「内祝」又は「節句内祝」
・下段に子供の下の名前(姓はなし)

これが一般的です。

デパートなどで購入するのであれば、
初節句の内祝いだと伝えればやってくれますので、
自分で書く必要はないでしょう。

また、のしには子供の名前を書きますが、
宅配便などで送る場合の差出人名は
親の名前で送るようにしましょう。

まとめ

初節句の内祝いは難しく考えず、
感謝の気持ちを伝えることが大切です。

相手も純粋にお祝いしてくれるものですから
「内祝いは半返し」にとらわれずに
あまり高価なものを選ばないで大丈夫ですよ。

赤ちゃんの写真や名前入りのものに関しては、
贈る側の自己満足にならないように
気をつけましょう。

この記事があなたのお役にたてば幸いです^^

スポンサードリンク

 - 年中行事 ,