お役にTouchます!

Just another WordPress site

*

節分の豆まきで後片付けが簡単な8つの方法!

   

2月3日は節分で豆まきの日ですね^^

豆まきは子供は大はしゃぎですし、
楽しくできる日本の伝統行事ですが、
終わった後は後片付けが大変ですよね。

踏んだら砕けて最悪ですし、
一生懸命片付けても、数か月後にポロッと
どこかから転がり出てきたり^^;

その後片付けを考えると、
やるのを尻込みしてしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで、
後片付けが簡単な豆まきの方法をいくつか
ご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

節分の豆まきで後片付けが簡単な8つの方法

◎福豆(大豆)に一工夫したり、別のものを撒く4つの方法

福豆を撒くのが本来の方法ですが、
そうするとどうしても散らばって家具の下に入ったり、
踏んづけて砕けたりと、後片付けは大変になります。

そこで、ちょっと福豆に一工夫したり、
別のものを代わりに撒いたりすることで、
後片付けを楽にする方法をまず4つ紹介します。

○福豆をサランラップで包む

福豆を4~5粒程度ずつサランラップで包んで
小さなボール状にして撒く方法
です。

万一踏んづけて砕けても散らばりませんし、
拾い集めるのもとても簡単で、拾った後で食べるのも
衛生的な心配はありません。

とても理にかなったやり方なので、
筆者の家では毎年この方法で豆まきしています^^

○個別包装の福豆をまく

小分けで包装されている豆まき用の福豆をまく方法です。
理屈的にはサランラップで包む方法と同じことですが、
あらかじめ包んで商品化されたものと言うことですね。

販売用のうたい文句も「清潔」「後片付けの手間いらず」など
豆まきの悩みを解決するものになっています。

これをそのまま撒けば、
まさにうたい文句通りに清潔で手間いらずですね^^

○落花生を撒く

殻付きの落花生をまく方法です。

筆者の住む神奈川県ではあまり馴染みがないですが、
実は大豆派と落花生派に分かれるほど一般的で、
北海道や東北、九州の一部地域などではこれが定番である地域も
けっこうあるようですね。

そういった地方では後片付けの簡単さもあるのでしょうが、
雪の上でも見つけやすいなど、それぞれの理由があるようです。

これもサランラップや個別包装のものと同じで、
後片付けのし易さと衛生面から考えてもとても合理的ですし、
しかも天然ですから、筆者も来年は落花生にしようと思います^^

○飴やチョコなどのお菓子をまく

お豆の代わりに個包装のお菓子をまく方法です。

小さなお子さんのいらっしゃるご家庭にオススメ。
子供はとても喜びますよね。

庭など外には福豆をそのまま投げて、
家の中にはお菓子をまくというご家庭もあるようですよ。

本来の豆まきではないので、ご利益などは??ですが、
小さな子供には節分の由来や作法などは理解できないですから、
節分の雰囲気と行事を楽しめればいいのではないでしょうか^^

スポンサードリンク

◎福豆を撒く部屋などに工夫をする4つの方法

撒く豆はあくまで福豆!というこだわりがある方で、
でも後片付けは楽にしたいという、若干ヨクバリ系な方には
これらの方法がオススメです。

○豆まきする部屋を限定する

豆まきする部屋を一部屋に限定する方法です。

家具などが少ない部屋があれば、
その部屋限定で豆まきするようにすれば、家具などの裏に
豆が入り込んでしまうなどという可能性は低いですよね。

フローリングの部屋ならなお片付けが簡単です。
終わったら掃除機をササッとかければ終了しますね。

食べる分のお豆は撒くものとは別にしておけば、
衛生面の心配はありませんよ^^

○部屋にレジャーシートや新聞紙をひく

単純に床にレジャーシートなどをひく方法です。

レジャーシートは事前に除菌ウェットティッシュなどで
キレイに拭いておけば、撒いたあとに食べるのもそれほど
抵抗はないかもしれませんね。

ただ、あまり豪快に撒くと、
ひいたレジャーシートなどがいかに大きなものでも
こぼれてしまいますけどね。

いずれにしても完全にこぼさないようには難しいので、
家具の下や隙間などには新聞紙などを挟んでおくと
お豆の侵入を防げますよ。

○撒く豆の量を減らす

単純にまく量を減らし、まく範囲も狭い範囲に絞ることで
後片付けを楽にする方法
です。

全体的にこじんまりとした豆まきになってしまいますが、
豆まき気分を軽く味わいたい方にはオススメです。

○豆まきするマネだけする

番外編になってしまいますが、

いわゆる「エアー」の豆まきをすることで、
豆まき気分だけ味わう方法
ですね。

やらなくても同じじゃないかという意見もあると思いますが、
筆者の友人で実際にこうやっている人もいるので、
参考程度に載せておきます。

まとめ

後片付けが楽になる豆まき方法を8つご紹介しましたが、
いかがでしたでしょうか?

どの方法も本来の作法から言えば邪道かもしれませんが、
時代によってそういった「しきたり」も変化するものですから、
あまりこだわらなくてもいいのでは?と思います。

どれかご自分のご家庭にあったものがあれば、
それでやってみてくださいね。

楽しい豆まきになるといいですね^^

スポンサードリンク

 - 年中行事 ,