お役にTouchます!

Just another WordPress site

*

花粉症に効く妊娠中も飲める薬はある?市販薬は?注射治療は?

   

妊娠中は服薬も簡単にはできませんので、
花粉症の妊婦さんは花粉シーズンをどう乗り切るか
悩みのタネではないでしょうか。

辛い花粉の季節、考えるだけでも憂鬱になりますよね。

そんな悩める妊婦さんに、
妊娠中にも服薬できる花粉症の薬があるのか、
また、注射治療についてもご紹介します。

スポンサードリンク

花粉症に効く妊娠中でも服用できる薬はある?

妊婦さんでも服用できる花粉症の薬は意外と多いです。

病院では、一般の花粉症患者に処方するものと同じで、
個々の症状などによって、妊婦さんにも内服薬や漢方薬、
点鼻薬、目薬などを処方することがあります。

例年、耳鼻科でそれらの処方を受けて対応している方は、
担当の産科医にそのことを伝えると、同じものを処方して
くれることも多いようです。

体質に合った治療法は大切ですから、
お薬手帳を持っている方は持参して相談するといいでしょう。

当然ですが、先天性の異常や疾患など、
胎児に悪影響を及ぼす薬は処方されませんから、
処方されたら安心して服用されるといいと思います。

まずはかかりつけの産科医を受診し、
毎年の状況を伝えて対処法を相談してみてください^^

妊娠中に花粉症の市販薬を服用しても大丈夫?

市販薬についても、注意書きや用法用量をしっかり守れば、
妊娠中でも服用できるものがけっこうあるようです。

しかし、どれがいいのかは素人には判断できるものでは
ありません。

医師が薬を処方するときには、
いろいろな情報をもとに総合的に判断をしています。

妊娠もそれらの情報の一つであり、全てではありませんので、
「妊娠中でも服用できます」ということがもし書いてあった
としても、それだけで判断するのはリスクがあります。

薬剤師の方がいる薬局もありますが、
あくまでも医師ではありませんので、そういった判断は
出来ないものと考えた方がいいでしょう。

普段の風邪薬ていどのものなら、
薬剤師さんの言う通りに選んでも問題はないと思いますけどね。

ですから、まずは市販薬の使用は避け、
専門医に相談されることをオススメします。

スポンサードリンク

妊娠中に花粉症の注射治療は受けても大丈夫?

医師の判断を無視した薬の服用など、
妊娠中の様々な行為が赤ちゃんに影響を与えますが、
その中でも一番リスクが高いのが注射なのだそうです。

花粉症の注射治療といえば、
辛い花粉症が一本の注射でワンシーズン治まるという、
ステロイド筋肉注射の治療法があります。

一見素晴らしいもののように感じますが、
実際には副作用の危険がとても高いもので、
妊婦さんへの投与の安全性も判っていないようです。

そればかりか、専門の学会である
日本アレルギー学会、日本耳鼻咽喉科学会、そのどちらも
望ましくない治療としているものなのです。

ですから、妊娠中はもとより、
何でもない普段の状態でも行わない方がいい治療法と
言えるでしょう。

こういった治療は行っていない病院が大半ですので、
特に妊娠中はできる限り避ける方がいいでしょう。

まとめ

妊娠中は薬の服用をできるだけ避けた方がいいものですが、
花粉症の辛さを我慢することは大変なストレスになると
思います。

お母さんがストレスを感じていることは、
赤ちゃんに悪影響を与えるとも言われます。

ですから、我慢せずにかかりつけの産科医の先生に
薬の処方も含めて対処法を相談しましょう。

専門医が処方する薬です。
赤ちゃんに悪い影響を与えるような薬は処方されませんから
安心して服用してくださいね^^

スポンサードリンク

 - 疾病対策 ,