お役にTouchます!

Just another WordPress site

*

ママ友とのトラブルを回避するための付き合い方10個のコツ

      2016/02/16

ママ友はとても頼りになるものですが、
怖いのは「トラブル」です。

しかし、無視や陰湿なイジメなどの怖いトラブルには、
そのきっかけとなりやすい行動というものがあります。

そのような行動をとってしまわないための、
10個の付き合い方のコツをご紹介します。

スポンサードリンク

ママ友とのトラブルを回避するための10個のコツ

ママ友付き合いでトラブルを避けるためには、
相手がどんな人なのか分かるまで、ある程度気をつけて
付き合いをする必要があります。

ママ友はネットワークが思ったより広く、
そして情報伝達も驚くほど速いものです。

情報の共有という意味でとても頼りになるものですが、
その反面誰かに悪く思われると、アッという間にママ友の間に
広まる怖い側面もあります。

そういったことにならないよう、
ポイントを押さえてうまくお付き合いしていきましょう。

○挨拶は必ずする

挨拶はなんといっても人付き合いの基本です。
ママ友付き合いでは特に大切と認識しておきましょう。

苦手な相手でも、嫌いな相手でも、大人として
挨拶だけはしっかりとしておくのが鉄則
です。

例え相手がしてこなくても、こちらから必ずするように
するだけで、たいていのトラブルを避けることが
できますよ。

○陰口を言わない

陰口は、自分が言わないことはもちろん、
他の人が言った陰口に同調しないことも大切です。

ありがちな例として、
「私もそう思っていたの!」など同調してしまったがために、
自分の知らないところで、あなた自身が言ったこととなって
伝わり、トラブルに発展してしまうことがあります。

「○○さん(あなた)もそう言ってたよ!」
↓ ↓ ↓
「○○さん(あなた)がそう言ってたんだって!」

このように、伝わっていく過程のどこかで
あなたが言ったことに変わってしまうことがあるんです。

そして、それが陰口の本人の耳にまで伝わり、
あなたが恨まれてトラブルになってしまうのです。

誰と誰がどう繋がっているかわかりませんから、
知らずに誤解されて嫌われてしまう怖さがあります。

陰口は言わない。同調もしない。これが一番です。
「そうなんだ~」など当たり障りなく流しておきましょう。

○噂話をしない

噂話も陰口と同様に、どこでどう誤解を受けるか分かりません。
いいことも、悪いことも、どちらもしない方がいいですね。

「○○さん、○○らしいよ~」
などというような話をしないことですね。

○自慢しない

自慢はとにかく嫌われます。

経済的なことや、旦那や我が子のことについてなど、
他人の幸せな話を羨ましがり、妬む人も多いです。
いろいろな境遇の人がいますからね。

女性は特に嫉妬や妬みなどからイジメに発展したりする
傾向が強い
ので、気をつけましょう。

○育児方法に口を出さない

育児方法は人それぞれですので、他のママ友のやり方に
口を出したくなったりすることもあるかもしれませんが、
これは絶対にしない方がいいです。

それぞれのママが、自分なりに一生懸命子育てして
いますから、「アドバイス」ではなく、上から目線の
「批判」として受け取られてしまう可能性が高い
です。

よかれと思っても、それぞれのやり方、考え方がありますから、
よほど親しくなるまでは口を挟むのはやめておくのが賢明です。

スポンサードリンク

○ギブ&テイクを求めない

ギブ&テイクの考え方はせず、
こちらがしてあげたことはすぐに忘れてしまい、
逆にしてもらったことは忘れないようにしましょう。

子育てに悩みごとや困りごとは付き物ですから、
自分がいつ助けられることになるか分かりません。

自分が助けてあげたときには、恩着せがましくせず、
人に助けてもらったら感謝の気持ちを忘れずに、
これ、けっこう大切な心掛けです。

○口が堅いこと

口が軽いのは災いの元です。
自分が何か聞いても、それを他のママ友にひょいひょいと
言わないことです。

特に、ある程度仲良くなってくると、あなたを信頼して
自分の家庭のことや、あまり人に知られたくないことなど、
相手が話してくることがあります。

それをペラペラと他のママ友に喋ってしまうことは
絶対にやめておきましょう。

○必要以上に相手との距離を縮めない

普通のママ友との付き合いは、
「広く浅く」これが鉄則です。

・あまり自分の家の事を話さない
・相手にも立ち入った事は聞かない

こうした付き合い方が一番角がた立ちづらく、
トラブル予防に繋がります。

もちろん、そうした付き合いの中で気の合う方がいれば、
仲良くするのはいいことと思いますが、無理に皆と
距離を縮めようとはしない方がいいでしょう。

○目立つ行動を避ける

「出る杭は打たれる」です。

他人の輝きは人には眩しく見えるもの。
そこには嫉妬や嫌悪感などが付き物です。

ママ友の付き合いでは、この傾向がすごく強いですので、
あまりでしゃばらず、「ママ友仲間の中のごく普通の一人」
でいることを心掛けましょう。

服装も、普段はお洒落に気を使う人でも、ママ友との
付き合いの中では、パーカーにジーンズなど、目立たない
一般的な恰好でいるのがいいですよ。

○お金の貸し借りをしない

お金の貸し借りは最大のトラブルの元です。
金額の大小に関わらず、絶対にしないようにしましょう。

ランチなどでの、おごり・おごられもやめた方がいいですね。

行くときには、あらかじめ「割り勘でいきましょう」と
言っておくといいですね。

まとめ

ママ友とのトラブルを未然に防ぐには、

○挨拶は必ずする
○陰口を言わない
○噂話をしない
○自慢しない
○育児方法に口を出さない
○ギブ&テイクを求めない
○口が堅いこと
○必要以上に相手との距離を縮めない
○目立つ行動を避ける
○お金の貸し借りをしない

これらを意識してお付き合いしていきましょう。

この記事では、ママ友との付き合いの怖い面を
ご紹介していますが、ママ友はトラブルさえならなければ、
とても頼りになる存在
です。

その辺については、この記事をご参考にしてみてください。
↓ ↓ ↓
ママ友って必要?人付き合いが苦手な場合はどうする?

スポンサードリンク

 - 人付き合い ,