お役にTouchます!

Just another WordPress site

*

ママ友からのランチのお誘いの角の立たない魔法の断り方!

   

ママ友からのランチのお誘いを断る
というのはなかなかに難しいものです。

気の合わない相手なら、今後のことを気にせずに
バッサリと断ることもできますが、いい関係を続けたい
相手の方にはそうもいきませんよね。

そういったママ友さんの方には、
角が立たないように上手に断りたいものです。

そんな時に使える、
断りながらも相手にいい印象を与える魔法のような断り方
をご紹介します。

スポンサードリンク

ママ友からのランチのお誘いの角の立たない魔法の断り方

ママ友にランチに誘われたとき、今回は気のりがしなくて
断りたいけど、次はまた誘って欲しいし、今後もいい関係で
お付き合いをしていきたいから、断りづらい・・・

こんな時って誰でもありますよね。

相手の気を悪くしないように、
角が立たないようにしつつもしっかりと断るためには、

・誘ってくれたことは嬉しい
・行けないことが残念
・次は誘って欲しい

このような気持ちが伝わるようにするのがポイントです。
そのための、魔法のような言葉があるんです。

「ちょっと調整してみるね!」

お誘いをうけたら、まず「行きたいけどちょっと用事があって、
でも調整できるかもしれないからやってみるね」
と言って、
いったん間を空けます。

そして少し時間を空けてから、
「ごめんね。やってみたけど調整きかなくって。とっても残念!
また次も誘ってね~」

こう言えば、行けなくて残念だという気持ちが伝わりますから、
最終的に断っても相手は悪い気はしません。

スポンサードリンク

むしろ相手からすれば、自分からのお誘いに合わせようと
努力してくれたわけですから、そのことが嬉しく感じたりも
する
ものです。

相手によっては、最初に「調整してみるね・・・」と言った段階で
「無理しないでいいよ!」と言ってくれることもあります。

そして、これは急なお誘いでも、数日後などのお誘いでも、
どちらでも使うことができます。

唯一の難点は、相手と面と向かって話している場合には使いづらい
ことですが、少し離れて調整の電話なりメールなりをしている
フリをすれば、できないことはありません。

今回は断りたいけど、次はまた誘ってもらいたい、
今後もいい関係でお付き合いを続けたい、そう思う相手の方には、
この方法がいいですよ。

そして、次に会ったときには、
「こないだはせっかく誘ってくれたのに行けなくてごめんね」
と謝っておくのも、大切なポイントです。

まとめ

子育てをするうえで、ママ友とのお付き合いは大切です。
時には相談相手として、時には愚痴を言い合う友達として、
そして助け合いできる頼もしい存在でもあるのがママ友です。

ママ友同士が親交を深めるのがランチですから、
そのお誘いを断る時にも、やり方がマズいと
今後の付き合いにも影響を与えかねません。

ですから、いい関係のママ友とは、関係を壊さないように
あまり気のりのしない時でも無理してお付き合いして
いる方もいらっしゃると思います。

そういったお付き合いも必要ではありますが、
毎回それでは疲れてしまって、逆に関係の悪化に繋がって
しまうこともあります。

ですから、たまには断ることも関係維持には必要です。
特に用事がなくても、たんに気のりがしないだけの時でも
いい関係をうまく続けるためには、嘘も方便です。

今回ご紹介した断り方を上手に使って、ママ友付き合いを
うまく続けていってくださいね^^

スポンサードリンク

 - 人付き合い ,