お役にTouchます!

Just another WordPress site

*

玄関の両面テープのフックの外し方は?跡は?とれない場合は?

   

クリスマスやハロウィンのリースや正月飾りなどを飾ったりするために、
玄関やドアにフックをつけることがありますよね。

時期的に使わなくなると剥がしたくなりますが、
両面テープでつけたものはキレイに剥がれないことや
跡が残ってしまうことがあります。

そうならないための方法や、
跡が残ってしまった場合の対処法をご紹介します。

スポンサードリンク

玄関に両面テープでつけたフックの外し方は?

最近の両面テープは強力なものが多いので、
無理やりに剥がそうとすると下地によっては
取り返しのつかないことになってしまうことがあります。

特に木製部分や塗装された部分などに
貼ってあるものは要注意です。

キレイに剥がすには、
やはり市販のシール剥がし剤を使うのが一番オススメです。

シール剥がし剤だけでは剥がれない場合は、
ドライヤーで温めてみてください。

温めることでテープの粘着力が弱くなるので、
剥がれやすくなります。

その際、
一度でキレイに剥がそうと頑張らないことがコツです。

両面テープの跡は残っても構いませんので、
まずはフック本体を剥がすことに集中し、
下地に傷をつけないように気をつけましょう。

玄関の両面テープの跡の取り方は?

これも基本的なやり方は同じです。
シール剥がし剤とドライヤーを使います。

ドライヤーで温めたあと、
残った跡はガムテープなどでペタペタと軽くたたくと
さらに取れやすいでしょう。

ガムテープの粘着成分は、
両面テープの粘着成分と似た性質のものですので、
このような似た性質同士はくっつく原理があるんです。

スポンサードリンク

またシール剥がし剤の代わりとして、
ペイント薄め液、ライターオイル、ハンドクリームなどを
使う方法もありますが、やはりシール剥がし剤がオススメです。

いずれを使用する場合も、
ペイントされた部分に使うは色落ちに注意が必要です。
目立たない場所で試してから使用しましょう。

また、消しゴムもけっこう剥がせますが、
塗装を削ってしまう可能性がありますので、
塗装面には使用しないように気をつけましょう。

玄関のフックがどうしても取れない場合は?

いろいろ試してもなかなかフックが外れない場合や、
外れそうだけどキレイには剥がれなそうな場合などは
どうしたらいいのでしょうか。

そんなときは、
無理に剥がさずにそのままにしておくというのも、
一つの手です。

フックだけがついていると見た目が気になるという方は、
そこにいつも何かを飾っておいたらどうでしょう。

季節ごとの花を飾ってみたり、
「WELCOME」などのボードをかけておくのもいいですね。

一年中なにかで飾っておけば、
いつも華やかな玄関を演出できますのでオススメですよ。

まとめ

玄関はお家の顔とも言える部分ですし、
来客時にまず目に入る第一印象の部分です。

だからこそ、
両面テープの跡が残ってしまったりすると
イメージが悪くなってしまいます。

せっかくリースやお飾りでキレイにするためにつけたのに、
後で跡が残って汚れてしまうのでは本末転倒です。

この記事を参考にキレイにやってみてくださいね^^

スポンサードリンク

 - 掃除方法 ,