お役にTouchます!

Just another WordPress site

*

一人暮らしの食費節約は男はどうする?コツは?簡単レシピは?

      2016/01/25

一人暮らしの男性の食事は、どうしても外食や
コンビニ弁当に頼ってしまいがちです。

しかし、それでは食費がいくらあっても足りません。
手間をかけないと節約は難しいと思って諦めていませんか?

手間をそれほどかけずに節約する方法はあります。
そこに必要なのは、ちょっとした意識と知識、コツだけです。
それだけで月に数万円節約することも夢ではありません。

忙しい一人暮らしの男性でも継続してできる、
食費の節約方法について
、ご紹介します。

スポンサードリンク

一人暮らしの食費節約は男はどうする?

一人暮らしの男性が食費を節約には、まずは
明確な目標を定め、その達成のための正確な食費を計算すること
これが重要です。

例えば、月3万円に抑えたいなら、
週に7000円、1日1000円、1食330円くらいです。
月2万円なら、週に4700円、1食約220円程度です。

この計算を女性は自然とやっている方が多いですが、
男性はこれがあいまいで、「これくらいだろう」的な感覚の
方が多いです。そしてその感覚は甘いことが大半です。

まずは明確な目標金額を設定し、日々の食費を意識すること、
それが「節約のものさし」となり、その範囲内でやりくりする
気持ちができ、生活が節約モードに切り替わります。

節約にはこの気持ちの切り替えが必須です。
半分は気持ちの持ちようですから、この切り替えができれば、
節約は成功へと向かっていくでしょう。まずはここからです。

次は具体的な節約方法についてです。

食費の節約をするために、避けて通れないことは
「自炊」です。

しかし同時に、たいていの一人暮らしの男性が
苦手とすること、それもまた「自炊」です。

苦手とする理由は圧倒的に「面倒くさいから」
いくら料理男子が増えたと言っても、まだまだ男性は
料理慣れしていない人が多いので、自炊は大変なんですね。

ですから、一人暮らしの男性の食費節約術は、
「面倒くさくない継続できる自炊」
これが最大のポイントです。

・時間、手間がかからない
・料理のテクニックがいらない
・簡単なのに美味しい
・栄養もしっかり摂れる

こんな方法があれば、自炊を続けられると思いませんか?
その方法やコツ、レシピを次項以降でご紹介します。

スポンサードリンク

一人暮らしの男性の食費節約のコツは?

食費節約を成功させるための、
「面倒くさくない継続できる自炊」
を実践するためのコツをご紹介します。

ポイントは、この2つです。

・食材を安く手に入れること
・調理の手間をかけないこと

まずは、食材を安く手に入れるための、
節約買い物のコツから紹介します。

○安い食材を知る

食材には、もともと高いものと安いものがあります。
節約のためには、安い食材を利用することが必須です。

・主食

米、焼きそば、パスタ、うどん、そば、食パン

特に乾麺は安価で賞味期限が長く、節約の必需品です。

・肉

鳥の胸肉、豚こま

鳥の胸肉は安価なだけでなく、高たんぱく低カロリーでヘルシーです。

・野菜

キャベツ、きゅうり、細ネギ、豆苗など

細ネギや豆苗などは、一度切ってもスポンジ部分に水を補給すれば
また成長してきますので、もう一度収穫できて2度お得です。

・根菜

ジャガイモ、ニンジン、タマネギ、大根、ゴボウ等

安くて保存がきき、ボリュームも出しやすい食材です。

・キノコ類

しいたけ、マイタケ、シメジ、エノキダケ、エリンギなど

歯ごたえがあるので、満腹感が得られやすいです。

・鶏卵

安くて栄養が豊富な貴重な食材です。

・大豆加工品

納豆、豆腐(絹より木綿の方が栄養価が高い)、おから等

安くて体にいい代表選手です。

・加工品

カニかま、ちくわ、ハンペンなど

炒め物、サラダなど使用用途が広く、重宝します。

・その他

乾物・・・安価なうえ、栄養が豊富で日持ちがするので、重宝です。

ヨーグルト、バナナ・・・忙しい朝には、これだけでも栄養が補給できます。

けっこういろいろありますよね。
体にいい食材が多く、ダイエット向きのものも多いです。

これらの食材を利用すれば、節約と栄養摂取の両立が可能に
なります。

○安く買うコツを知る

・安いスーパーを探す

同じ食材でも、お店によってけっこう値段が違います。
近場のいくつかのスーパーをリサーチし、安い店を把握しましょう。

単純な価格比較とあわせて、各お店の定期的な特売も
どんなものがあるか把握します。

・特売品をチェックする

スーパーの入口や店内には、今日のチラシが貼られています。
店内を回る前にチェックし、特売品を狙って買うとお得です。

特売品は、客寄せのためにかなりお得な値段設定がされています
ので、優先的に狙っていきましょう。

・見切り品、おつとめ品を狙う

肉などの生鮮食品は、賞味期限が近くなると割引シールが貼られます。
この割引はとても大きいので、これを狙わない手はありません。

賞味期限が近くても、当然問題があるものではありませんので、
すぐ食べるか、冷凍してしまえばこれほどお得なものはないですよ。

○余計なものを買わない

主婦の節約買い物術の基本です。
安いものがあると、お得感から必要ないものまでつい買ってしまい
がちです。

食べればお得なものでも、腐らせたら単なる無駄です。
「買わないことが一番の節約」です。

必要なものを必要な量だけお得に買うのが節約買い物術です。

○食材を無駄にしない

「疲れた」「面倒」などで、食材を買ってありながら、
弁当を買ってしまうのもよくあることです。

その結果食材が腐ったりして無駄になってしまうなら、
元から弁当だけ買った方がマシです。

この辺は意識の問題ですから、しっかりと節約する気持ちを
持っておきましょう。

次に、
自炊を継続させるための、手間の省き方や調理方法
などをご紹介します。

○下ごしらえの手間を省く

一人暮らしの男性の料理は、そんなに凝ったものではないので、
手間の半分以上は野菜を切ったり皮を剥いたりする下ごしらえの
手間になります。

これを簡単にするには、
「皮をむく手間を省く」
これに尽きます。

皮をむくのは一番手間がかかりますからね。
代表的な例として、ジャガイモ、ニンジン、ゴボウなど、
皮付きで食べてしまいましょう。

手間が省けるだけでなく、実は皮や皮の下には栄養がたっぷり
ふくまれています
ので、そのまま食べればその栄養も摂取でき、
一石二鳥なんです。

一人暮らしの男性は栄養の接種も問題となりがちなので、
このように手間を省きつつ、効率的に栄養を摂取できる方法は、
とても強い味方となりますね。

ただし、ジャガイモの芽には毒素が含まれていますので、
芽だけはきっちり取り除くようにしてください。

○食材は小さめに切る

小さく切ることによって、火の通りが早くなりますので、
調理にかかる時間と光熱費の節約になります。

また、少ない量でも感覚的に多く感じますので、
同じ量でも大きく切るより満足感が得られやすいです。

○一度に何食分かまとめて調理する

一人分の料理を毎回調理するのは、あらゆる面で無駄です。

まとめて調理することで、調理の手間が一度で済みますし、
光熱費も節約することができます。

お米についても、毎回炊くのではなくまとめて炊いて、
小分けして冷凍しておくと手間も電気代もお得です。

お米1食の目安は0.5合ですので、例えば3合炊けば6食分
になります。6等分してそれぞれをラップで包み、冷凍して
おけば、好きな時にチンして美味しく食べられます。

冷凍するときには、冷ましてからラップに包んで冷凍庫に
投入するようにします。熱いまま入れると他のものが溶けて
しまいますよ。

○調味料を豊富に用意する

料理慣れしていない男性の料理は、どうしてもワンパターンに
なりますから、飽きてしまいがちです。そうなると自炊の継続の
大きな障害となってしまいます。

ですから、調味料を豊富に用意しておき、
味付けで簡単にバリエーションを作るようにしておきましょう。

ちなみに、わさび、からし、ニンニクおろしなどのチューブは、
百均が安いと思いがちですが、スーパーで同じようなものが
80円くらいか、もっと安く販売されている時もありますよ。

一人暮らしの食費節約の簡単レシピは?

一人暮らしの男性向けの、超簡単なオススメレシピを
いくつかご紹介します。

○超簡単茹で鳥(蒸し鳥風)

究極の簡単料理です。
普通に中華の蒸し鳥みたいで美味しいです。

・鍋にお湯を沸かす
・鳥の胸肉1枚を投入する
・中まで火が通ったら、完成!

茹であがったら切るだけと本当に簡単なので、
筆者も大学時代によくやってました。

しかも味が淡泊なので、醤油、わさび醤油、酢醤油、ポン酢
マヨネーズ、ケチャップ、ドレッシングなど、和洋中何でも
合います。

さらに、茹で終わったお湯は鶏肉の旨味が出ていますので、
スープに使えます。

そしてヘルシー。低カロリーで栄養が豊富。
筆者はこれにキュウリを細切りにしたものを付け合わせにして、
ポン酢で食べるのがお気に入りでした。

煮るお湯をトマト缶に替え、固形コンソメスープとケチャップ、
塩コショウ、ガーリック粉末を加えて煮ると、イタリアンな
感じに仕上がります。

○カレー、シチュー

日本のカレールーやシチューのルーはすごいです。
これほど誰が作っても簡単で、しかも同じように美味しくできる
ものは他にありません。

・具材を切る
・鍋に具材を入れて炒める
・水を加えて煮る
・火を止めてルーを入れて溶かす
・弱火でとろみがつくまで煮る

作り方の基本はこれでいいでしょう。
水の分量や細かい作り方はルーのパッケージに書いてあるので、
見ながら作れば超簡単です。

少し時間はかかりますが、子供の頃に学校の行事や調理実習で
作ったと思いますので、大抵の方が作れると思います。

しかも、具材はだいたい何でも合いますし、
スープなどと同様に、調理の際に流れ出てしまうビタミンなども
全て摂取することができ、栄養面でも無駄がありません。

また、日持ちがするのも大きなポイントです。
毎日一度火を入れるようにすれば、3日は食べられますし、
ジップロックなどに小分けして冷凍保存もできます。

節約するためのコツは、さきほど紹介したことを使います。

・具材を小さく切る
・ジャガイモやニンジンは皮付きのまま調理する
・何食分かまとめて作る

これで手間を省きつつ、光熱費も節約しながら、さらに栄養も
効率的に摂れる美味しいカレー、シチューが出来上がります。

このようにカレー・シチューは、節約、栄養含めていいことが
たくさんあり、一人暮らしの男性の強い味方です。

○野菜炒め

調理が簡単で味付けも調味料を振りかけるだけですから、
料理に慣れていない一人暮らしの男性の定番です。

・具材を切る
・フライパンで炒める
・調味料で味付けする

超簡単ですよね。具材は何でもかまいません。
余った切れ端の野菜や肉、キノコなど何でも使えます。
野菜をたくさん食べられるので栄養的にもいいですね。

いろいろな具材が使えますし、
味付けも調味料を変えるだけで簡単に変えられますから、
毎日作っても飽きにくいです。

注意点は、つい味を濃くしてしまいがちなこと。
塩分の取り過ぎはとても体に悪いですので、調味料の使い過ぎに
充分注意しましょう。

まとめ

一人暮らしの男性でも、ちょっとした意識、知識、コツを知れば、
食費の節約はしっかりできます。

・節約の意識を持つために「節約のものさし」を頭の中に持つ
・簡単なものでいいので「自炊」をする
・安い食材を知り、安く手に入れる
・調理の手間を省く
・飽きないように味付けにバリエーションを持つ
・何食分かをまとめて調理する

今回ご紹介したこれらのことを使い、食費の節約をしてみて
くださいね^^

スポンサードリンク

 - 節約 ,